日用品を使ったDIYの際の注意点

日用品オシャレ再利用法のコツ

ゴミを減らしてオシャレに楽しむ

空き箱や空き瓶をそのまま捨てるのは勿体ないから再利用したいという場合、無作為に思い立ったままにつかうとサイズが揃わないもの。日用品を活用してDIYを楽しむ場合には、サイズを合わせることが大切です。揃っていることで見た目にもオシャレに感じられるでしょう。

使う場所に合わせて素材選びも大切

再利用する際には、どこに使うかを考えて素材選びすることも忘れてはいけません。例えば水周りや湿気の多い環境に紙製の素材を使えば、水を含んで汚れや耐久性の低下は早めにきてしまいます。同様に火を使う場所に耐火性の弱いものは置けません。場所と素材を考えるコツをご紹介します。

用途にあったサイズを守る

様々な日用品があります。例えば食事の際に使う調味料やお箸、お皿もそのひとつ。飲み物のボトルも含まれるでしょう。食事以外にも身支度を整える際に使う歯ブラシや洗剤類も該当します。私たちの日常には日用品が多く存在しています。むしろ日用品が無ければ、私たちの快適な生活は成立しないといっても過言ではないほどです。日用品はこれからも更に増えるものといえましょう。
しかし増える日用品は、逆の問題も生んでいるのです。使った後の日用品はゴミになりやすいものでもあります。多く存在している分、ゴミとなった日用品も増え続けてしまっている。そして世界は増えるゴミの問題に直面しています。
この問題を解消するなら日用品から生じた不要物の再利用は重要な問題です。ゴミを増やすことなく、もう一度利用する、消費した後の日用品を私たちの日常生活で再利用する方法について考えてみましょう。
例えば少し形を変え、ストックしている日用品を収納する。またラベルをはがし、洗浄するなどして小物としてオシャレに活用する。それ以外にも様々なアイデアがあります。
とはいえ、いままで処分していたものをどうやって再利用しようか、普段の日常に違和感なく取り入れられるだろうか等、疑問も生じるもの。とくにDIYとなると、何から始めれば良いのか分からない場合もあるでしょう。
そこで日用品を使ったDIYを楽しむ際の注意点やオシャレに演出するためのコツについてご紹介します。キーワードは、簡単に楽しむことにあります。

既存の製品を参考にすることも

工夫に困ったとき、どんな使い方にしようかと考えが思い浮かばない時には、既存の製品を見て参考にすることも大切です。使い方はもちろんどのような工夫があれば使う際に利便性が高いのかという点からも参考にすることでご自身のDIY力を向上する秘訣を身につけることもできます。

TOPへ戻る