日用品オシャレ再利用法のコツ

>

ゴミを減らしてオシャレに楽しむ

空き箱はサイズを合わせる

ビールやジュースなどの飲み物を箱買いするとゴミとなる段ボールですが、飲料水を梱包している段ボールは特に耐久性が高いため再利用しやすい素材です。またお菓子の箱も一見オシャレな包装がされていて使いやすそうに見えがち。
空き箱を再利用する際、サイズのバラバラなモノを使うと、全体的に雑然と見えてしまいます。例えば収納ケースとして活用するとしても並べてサイズがバラバラでは統一感がありません。なるべく同じサイズに揃えることが大切。
最初から空き箱も再利用しようと考えているなら、購入時からなるべく同じサイズの箱になるよう考慮すると後から利用しやすくなります。
また収納予定のモノに合わせて用意すると、収納時のバラつきも回避することができます。

見た目を揃えるなら紙袋がオススメ

段ボールを再利用すると、側面の商品名が悪目立ちして格好が悪いと感じるでしょう。段ボールを再利用する時には表面に張り紙をして目隠しすれば、オシャレに演出することも可能。とくにオススメなのが紙袋です。
紙袋には表面にコーティングが施されているものが多くあります。紙袋のコーティングによって段ボールの耐久性も向上します。また同じ柄の紙袋を使用することで、再利用する段ボールの見た目が揃う効果も。紙袋ならお好きな柄を選ぶことも、またシックな柄で統一することもでき、自分らしい収納ケースをDIYで簡単に作れてしまいます。
段ボールの収納ケースは古くなり破損や汚れが出ればすぐに取り換えることが可能です。年に一度取り換えることで衛生的に管理する効果も得られます。


TOPへ戻る